※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

仕事終わりは何する?平日の夜を充実させる過ごし方8選!

仕事終わりの時間の楽しみ方 暮らし
  • 仕事終わりの時間を充実させたい
  • 仕事終わりの時間に何をすればいいか分からない

仕事終わりはどのように過ごしていますか?仕事で疲れてダラダラ過ごしてしまう人も多いのではないでしょうか。

仕事終わりの時間が充実すると、以下のようなメリットがあります。

  • 平日もリフレッシュでき、ストレスを減らせる
  • 仕事終わりの楽しみができることで、仕事へのやる気が上がる
  • 楽しく過ごせる日が増える

この記事では仕事終わりの時間を充実させる過ごし方仕事終わりの時間を充実させるコツを紹介していきます。

この記事の内容
  • 仕事終わりの時間を充実させる過ごし8選
  • 仕事終わりの時間を充実させるコツ

仕事終わりの時間を充実して過ごしたい人はぜひ参考にしてみてください。

仕事終わりの時間を充実させる過ごし7選

平日の仕事終わりの時間を充実させる過ごし7選

仕事終わりの時間を充実させる過ごし方8選を紹介していきます。

仕事終わりの時間を充実させる過ごし方8選
  • 映画を見る
  • アニメやエンタメを見る
  • 運動をする
  • 外食をする
  • 読書をする
  • ゲームをする
  • しっかり休む
  • 副業をする

仕事終わりの時間に何をしたらいいか分からないという人は試してみてください。

映画を見る

映画を見る

仕事終わりであれば、映画館のレイトショーで映画を見ることができます。

レイトショーは以下のようなメリットがあります。

  • 安く映画を見れる
  • 席が空いていてゆっくり見れる
  • 当日でもを取りやすい

当日でも席をとれるため、急遽仕事がはやく終わった日でも見に行くことができます。

映画館に行くのがめんどうな人は『Amazonプライムビデオ』で映画を見るのもおすすめです。

  • 家の中で映画を楽しめる
  • 月600円でたくさん映画を見れる

という動画配信サービスです。

アニメやエンタメを見る

家でアニメやエンタメを見るのもいいでしょう。

動画配信サービスを利用すれば、お金をかけずにアニメやエンタメを楽しむことができます

アニメは30分あれば一本見ることができますし、以下のようにながら見もできるので、時間が無くても楽しむことができるコンテンツです。

  • 晩御飯の準備をしながら
  • 晩御飯を食べながら
  • お風呂に入りながら

DMMプレミアムでは月550円でアニメやエンタメを見放題です。

\30日間無料体験/

以下の記事では無料体験がある動画配信サービスを紹介しています。

無料でアニメやエンタメを見たい人は読んでみてください。

運動をする

運動をする

仕事終わりに運動をするのもおすすめです。

運動は以下のようなメリットがあります。

  • 運動不足の解消
  • ダイエット効果
  • ストレス解消

メリットがたくさんある運動ですが、「自宅では運動する気になれない」「運動する習慣がない」という人にはハードルが高いかもしれません。

そういった人はジムを利用して運動をする習慣を作っていきましょう。

外食をする

外食をする

普段は家に帰って食事をとることが多いという人は外食もいいでしょう。外食は気分転換になります。

あらかじめ行きたいお店などを決めておくと楽しみができるので、仕事のモチベーションアップにもつながります。

外食は1人でも楽しめますが、友人と一緒に行くことをおすすめします。

職場以外の人と会って話をするだけでも仕事を忘れることができますし、約束をしてしまえば仕事終わりで疲れていても外食をする気持ちになれます。

仕事終わりは面倒くさくて外食に行く気になれないという人はぜひ友人を誘って外食をしてみてはどうでしょうか。

読書をする

読書をする

仕事終わりに出歩きたくないという人は家で読書をするのはどうでしょうか。

読書はリラックス効果があるので、寝る前に10分読書をするだけで心が落ち着きます

読書は小説や自己啓発本などのイメージがあると思いますが、漫画でも問題ありません。

本の購入費が気になるという人は『KindleUnlimited』を利用してみてはどうでしょうか。月額980円で読み放題なので、書籍代を気にすることなく読書をすることができます。

『KindleUnlimited』のメリットとデメリットについての記事です。

読書をするなら電子書籍がおすすめ

  • 本の置き場に困らない
  • 紙の本より安く購入できる
  • 外出先で複数の本を読める

など、メリットがたくさんあります。

Kindleのタブレットを使えば、画面が大きいので読みやすいです。

ゲームをする

ゲームをする

ゲームも家で楽しめる過ごし方の1つです。

オンラインゲームでもRPGでも、夢中になってできるゲームがあれば楽しい時間を過ごすことができます。

『フォートナイト』や『エーペックスレジェンズ』など、無料で楽しめるゲームもたくさんあります。

だらだらゲームをやることや、夜遅くまでゲームをするのは注意しましょう。

しっかり休む

しっかり休む

仕事で疲れ切っているという人はしっかり休むのもいいでしょう。

だらだら過ごしたりせずに、

  • ゆっくりお風呂に入る
  • 早めに寝る
  • ストレッチをする

などをして疲れをとりましょう。

休みの前日にしっかり休むと、休日を活動的に過ごせます。

副業をする

副業をする

仕事終わりでもお金を稼ぎたいという人は副業がおすすめです。

クラウドソーシングを利用すると、パソコンやスマホでも副業をすることができます。

アンケートデータ入力など、電車の中でもできるものもあります。

実際にできそうかどうか、一度チェックしてみてはどうでしょうか。

クラウドソーシングが気になっている人はクラウドワークスがおすすめです。

アンケートデータ入力など、誰でも簡単にできるものもあります。

仕事終わりの時間を充実させるコツ

平日を充実させるコツ

仕事終わりの時間を充実させるコツは時間を有意義に使うことです。

とくに仕事終わりの時間は休日とは違い、自由に使える時間が少ないため、時間の使い方は重要です。

平日を充実させるコツ
  • 目的もなくスマホを触らない
  • 気がのらない誘いを断る
  • 疲れたらしっかり休む
  • いつもと違うことをしてみる

ここからは少ない時間を有意義に使って仕事終わりの時間を充実させるコツを紹介していきます。

目的もなくスマホを触らない

目的もなくスマホを触らないようにしましょう。

ただでさえ自由な時間が少ない平日に目的もなくスマホを触る時間はもったいないです。

SNSなどを1度開くとダラダラ見てしまうのは分かりますが、その時間は楽しいでしょうか?

楽しければいいのですが、楽しくないという人はSNSを開かないようにするなどの対策をしてみましょう。

スマホを触らないようにする対策
  • SNSを削除する(使う時だけインストールする)
  • スマホをすぐに触れないところに置く
  • 寝る時以外充電しない

気がのらない誘いを断る

気がのらない誘いを断ることも大切です。

社会人だと飲み会などの誘いがあったりする人もいるでしょう。

その飲み会は行きたいですか?

気がのらないけど断れずに行ってしまうという人は勇気をもって断りましょう

気がのらない飲み会で消えてしまうお金と時間を自分の好きなことに使うようにしていきましょう。

それだけで仕事終わりの時間が充実したものになるはずです。

疲れたらしっかり休む

疲れたらしっかり休むことも必要です。

仕事終わりにやりたいことが多いのも分かりますが、疲れた状態でやるよりしっかり休んで元気な状態でやった方が楽しいはずです。

疲れているけどやりたいことがあるという人は夜は早く寝て、朝早く起きてやりたいことをやるのがおすすめです。

夜の30分より朝の30分を選ぶ考えを持つようにすると、早く寝ようという気持ちになります。

いつもと違うことをしてみる

いつもと違うことをしてみると充実感を感じやすいです。

また、あらかじめ予定に入れておくと楽しみができて仕事などのモチベーションも上がりやすいです。

いつもと違うことは大きなことではなく、外食をするなどの小さいことでもいいです。

いつもと違うことの例
  • 外食をする
  • 映画館に映画を見に行く
  • いつもと違うデザートを食べる
  • いつもはやらないゲームをしてみる

仕事終わりの時間を楽しもう!

平日の仕事終わりの時間を充実させよう

仕事終わりの時間を充実させる過ごし方8選と平日を充実させるコツを紹介してきました。

仕事終わりの時間を充実させる過ごし方8選
  • 映画を見る
  • アニメやエンタメを見る
  • 運動をする
  • 外食をする
  • 読書をする
  • ゲームをする
  • しっかり休む
  • 副業をする
仕事終わりの時間を充実させるコツ
  • 目的もなくスマホを触らない
  • 気がのらない誘いを断る
  • 疲れたらしっかり休む
  • いつもと違うことをしてみる

平日がつまらないままだと1週間に5日、1年にすると約260日もつまらない日になってしまいます。

それはもったいないと思いませんか?

仕事終わりの時間を楽しんで、平日も充実した日々を過ごしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました