※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

1人暮らしの食費を月3万円以内にする方法7選

1人暮らしの食費を月3万円以内にする方法7選 生活雑記
このような悩みを解決できます
  • 1人暮らしの食費がかかってしまう
  • 1人暮らしの食費を抑える方法を知りたい
  • 食費の節約を頑張っているけど、なかなか節約できない

1人暮らしをしている人で食費がかかってしまうという人は多いのではないでしょうか。

食費がかかってしまうと趣味や貯金に回すお金がなくなり、つらいですよね。

そこで、食費を1ヶ月25000円(外食あり)で生活をしている私が1人暮らしの食費を月3万円以内にする方法7選を紹介していきます。

この記事の内容
  • 1人暮らしの食費を月3万円以内にする方法7選

この記事を見て実践することで1ヶ月の食費を3万円以内に抑えることができ、趣味や貯金に回せるお金が増えます

簡単に取り組めるような内容なので、1つでも参考にして実践してみてください。

1人暮らしの食費を月3万円以内にする方法7選

1人暮らしの食費を月3万円以内にする方法7選

1人暮らしの食費を月3万円以内にする方法を7つ紹介していきます

1人暮らしの食費を月3万円以内にする方法7選
  • 自炊を継続する
  • お昼ご飯や水は家から持参する
  • すぐに食べられるものを常備する
  • 安い食材を買う
  • お肉は大容量パックを買って冷凍保存する
  • フードデリバリーは利用しない
  • お菓子やジュースを買わない

自炊を継続する

自炊を継続することで食費を抑えることができます。

自炊では1食200円~300円ほどにできます。

自炊をした場合

・1食200円

200円×3×31日=18600

・1食300円

300円×3×31日=27900

外食の場合だと1食1000円はかかることが多いはず。

つまり、外食1食分の食費と自炊1日分の食費が同じになります。

外食1食分の食費 = 自炊1日分の食費

自炊と外食でかかる食費の差が大きいことが分かるのではないでしょうか。

自炊は食材を買う時に高いと感じることもあると思いますが、1つの食材で4~5食分作れるため、1食分で考えると安くなります。

1食だけ自炊するために食材を買ってしまうと外食より高くなってしまう場合があるため、注意が必要です。

自炊をするにも何をつくればいいの?という人は楽天レシピを利用してみてはどうでしょうか

お昼ご飯や水は家から持参する

仕事に行くときは、お昼ご飯と水を家から持参することで食費の節約ができます。

お昼ご飯や水を外で買うとき、つい余計なものを買ってしまうことはありませんか?

節約のためには余計な買い物をしないことが大切なので、家から持参して買い物をしに行かない工夫をしましょう。

とくにお昼ご飯は自宅でおにぎりを作って持参するとかなり節約ができます。

おにぎりであれば10分もあればつくれるはずなので、朝時間がないという人でもつくりやすいはずです。

また、飲み物を外で買っているという人は家から水を持参すると節約になります。

水筒に水道水を入れて持参してもいいですし、ペットボトルの水を箱買いして持参する方法のどちらでも安くすることができます。

すぐに食べれるものを常備する

インスタント食品やパスタなど、すぐに食べられるものを常備しておくと食費の節約につながります。

疲れてご飯を準備するのが面倒くさいときは外食で済ませてしまうということはありませんか?

そのような外食を減らすことも食費の節約には大切です。

インスタント食品は自炊よりは高いため、頻繁に食べることはおすすめしません。

しかし、面倒くさいからと外食をするよりは安くできるのですぐに食べられるものを常備しておくようにしましょう。

すぐに食べられるものを常備すると節約ができるだけでなく、体調を崩して買い物に行けないときにも助かります。

とくに1人暮らしの人はすぐに食べられるものを常備することを忘れずにやっていきたいものです。

安い食材を買う

自炊をするときは安い食材を買うようにしましょう。

自炊をしていても値段の高い野菜や牛肉など、食材を選ばずに買っているとなかなか節約ができません。

お肉を買うとき、基本的には鶏むね肉が節約におすすめです。

ただ、お肉の値段はお店によって値段が違う場合が多いので、安いお店で買うようにしましょう。

野菜は旬の時期やお店によって値段が変わるため、安い野菜を買って臨機応変に料理をすることでより節約ができるようになります。

安い野菜を買っても何をつくればいいか分からない…という人は楽天レシピを利用してみてはどうでしょうか

お肉は大容量パックを買って冷凍保存する

お肉は大容量パックを買って冷凍保存するのがおすすめです。

お肉はパックの値段ではなく、100gあたりの値段を見ることが重要です。

そして、基本的にお肉は大容量パックの方が100gあたりの値段が安くなります。

しかし、大容量パックを買っても消費期限までに使いきれないと心配もあると思いますが、問題ありません。

お肉は冷凍保存することで、長持ちさせることができます。

冷凍保存をするときは1食分に切り分けておくとすぐに調理に使えてラクなのでおすすめです。

フードデリバリーは利用しない

食費を節約したい人はフードデリバリーは利用しないようにしましょう。

フードデリバリーは食べ物だけでなく、配達の金額も入っているためかなり高くなります。

ご飯を楽に済ませたいときはあらかじめ食材を準備しておく。

食べたいものがあるときはテイクアウトや外食をした方が安くなります。

フードデリバリーはおいしい料理を自宅まで届けてもらえる便利なサービスではありますが、食費を節約したいという人は利用をしないようにしていきましょう。

お菓子やジュースなどを買わない

買い物に行くと毎回のようにお菓子やジュースを買ってしまうと行くことはありませんか。

1回の買い物では200円くらいでも、それが毎回のようになると10回の買い物で2000円になります。

1ヶ月2000~3000円の節約が期待できるので、お菓子やジュースは買わないようにしていきましょう。

とはいっても、つい買ってしまう…という人は多いと思います。

その人は以下の方法を試してみてください。

私は実際にこの方法でお菓子やジュースを買わないようになりました。

お菓子やジュースを買わないようにする方法
  • ジュースやお菓子の売り場に行かない
  • 疲れているときに買い物に行かない
  • 運動をする
  • しっかり睡眠をとる

1人暮らしの食費を1ヶ月3万円以内にすることはできる

1人暮らしの食費を1ヶ月3万円以内にすることはできる

1人暮らしの食費を1ヶ月3万円以内にする方法を紹介してきました。

1人暮らしの食費を月3万円以内にする方法7選
  • 自炊を継続する
  • お昼ご飯や水は家から持参する
  • すぐに食べられるものを常備する
  • 安い食材を買う
  • お肉は大容量パックを買って冷凍保存する
  • フードデリバリーは利用しない
  • お菓子やジュースを買わない

1人暮らしの人は無理をしなくても、少しの工夫で食費を1ヶ月3万円以内にすることはできます。

食費の節約はお昼ご飯の持参や自炊の継続など、普段からの積み重ねが大切です。

まずは1つでもいいので食費の節約のために実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました