※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

【一人暮らし】飲み水はどうしてる?3つの方法とメリット・デメリットを紹介!

【一人暮らし】飲み水をどう準備する?3つの方法とメリット・デメリットを紹介! 生活雑記
  • 一人暮らしは飲み水の準備をどうすればいいの?
  • 飲み水のおすすめの調達方法を知りたい

飲み水は毎日必要なものですよね。一人暮らしの人は飲み水をどう準備すればいいか迷っている人もいると思います。

この記事では以下の内容について解説していきます。

記事の内容
  • 一人暮らしの飲み水を準備する3つの方法とメリット・デメリット
  • 一人暮らしの飲み水を準備するおすすめの方法は?

一人暮らしの飲み水についての迷いをなくしたいという人は是非ご覧ください。

一人暮らしの飲み水を準備する3つの方法とメリット・デメリット

一人暮らしの飲み水を準備する3つの方法とメリット・デメリット

一人暮らしの飲み水を準備する3つの方法は以下のとおりです。

一人暮らしの飲み水を準備する3つの方法
  • 水道水
  • ペットボトルの箱買い
  • ウォーターサーバー

それぞれのメリットデメリットも一緒に紹介していきます。

水道水

水道水

水道水一番簡単に飲み水を準備できる方法です。

水道水のメリットは以下のとおりです。

水道水のメリット
  • 水代を節約できる
  • 特別に準備することがないので手軽

水道水はこれから紹介するペットボトルやウォーターサーバーに比べて水代を安くすることができます。ペットボトルの購入やウォーターサーバーの準備が必要ないため、手軽な方法でもあります。

反対に水道水のデメリットは以下のとおりです。

水道水のデメリット
  • おいしくない
  • 断水すると飲めない

水道水はおいしくないと感じる人も多いです。味が好きでないという人は水道水以外の方法で飲み水の準備をしましょう。

また、水道水は災害などで断水すると飲むことができなくなります。非常時に備えて、飲み水を水道水だけに頼ることは避けるようにしましょう。

普段は水道水を飲む人も、ペットボトルを1箱準備することで、節約と非常時への備えを両立できます。

ペットボトルの箱買い

2つ目はペットボトルの箱買いです。

ペットボトルの箱買いのメリットは以下のとおりです。

箱買いのメリット
  • 非常時への備えになる
  • 持ち運びに便利
  • 外出が多い人は飲み水代の節約になる

ペットボトルの箱買いは非常時への備えになることがメリットです。購入する際には、2箱分を購入しておきましょう。日常の水分補給と災害時の備えになります。

また、500mlペットボトルを箱買いをすると外出時に買いに行く手間がなくなります

外出が多いという人は500mlペットボトルも箱買いしておくといいでしょう。箱買いはコンビニより安く購入でき、余計なものを購入せずに済むため、節約につながります

普段の飲み水は2Lの方が安く購入できます。

箱買いのデメリット
  • 購入する手間がある
  • 持ち帰ることが大変
  • 収納の場所が必要

普段の飲み水を箱買いで準備する場合、飲み水がなくなるたびに買いに行く必要があり、手間になります。車を持っていない人は持ち帰りが大変なこともデメリットになります。

しかし、この2つのデメリットは通販で購入することで解決できます。

箱買いは収納の場所が必要です。ダンボール1箱分のスペースは確保しておくようにしましょう

ウォーターサーバー

ウォーターサーバー

3つ目はウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーのメリットは以下のとおりです。

ウォーターサーバーのメリット
  • すぐにお湯を使える
  • いつでもおいしいお水を飲める

すぐにお湯を使えることが他の方法にないメリットです。

コーヒーや味噌汁を作る時にお湯を沸かす手間がありません。一口コンロしかない台所でも、炒め物を作りながら味噌汁を用意することができるのでかなり便利です。

また、天然水のウォーターサーバーはおいしく飲むことができます。水道水がおいしくないという人は天然水のウォーターサーバーで飲み水を準備してもいいでしょう。

富士おいしい水2L 1388円(エリアによる)で飲むことができます。

ウォーターサーバーを安く利用したい人にはおすすめです。
注文のノルマや解約金もありません。

ウォーターサーバーのデメリット
  • 費用が高い。
  • サーバーの置き場所を考える必要がある
  • 契約の内容を確認しないと損をする可能性がある

天然水のウォーターサーバーは他の方法に比べて費用が高い。

その理由は

  • 他の方法にくらべて水の料金が高い
  • 電気代がかかる
  • メンテナンスなどでも費用がかかる

などがあります。飲み水代をかけたくない人には向いていないでしょう。

しかし、浄水型であれば定額性のため、費用を抑えることができます。飲み水代をかけたくないけど、水道水は飲みたくないという人は浄水型のウォーターサーバーを利用しましょう。

ハミングウォーター月額3300円で利用できる浄水型のウォーターサーバーです。

水を購入する必要がないため、天然水のウォーターサーバーより安く利用できます。

サーバーの置き場所が必要になります。ウォーターサーバーを利用する際は先にサーバーのサイズを確認しておく必要があります。解約金最低利用期間がある場合があるため、契約後に失敗しないように確認をしておきましょう。

【目的別】一人暮らしの飲み水を準備するおすすめの方法とは?

【目的別】一人暮らしの飲み水を準備するおすすめの方法とは?

一人暮らしの飲み水を準備する目的しだいでおすすめの方法が変わります。

ここでは

  • 節約
  • 外出/非常用
  • 生活の質

の3つの目的ごとに紹介していきます。

  • 節約 = 水道水
  • 外出/非常用 = ペットボトルの箱買い
  • 生活の質 = ウォーターサーバー

自分に合った飲み水の準備方法を選ぶようにしましょう。

節約を重視

飲み水代をかけたくない人は水道水を飲むことをおすすめします。

水道水は他の2の方法に比べて圧倒的に安いです。

1ヶ月の飲み水代比較

飲み水代を節約したい人は水道水一択といえるでしょう。

外出/非常用のための準備

外出や非常用に飲み水を準備をしたい人はペットボトルの箱買いがおすすめ。

普段の飲み水も箱買いで準備する人は以下のように買い分けをするのがいいでしょう。

普段の飲み水用 = 2L

外出/非常用 = 500mL

500mLより2Lの方が安いため、少しでも節約をしたい場合は買い分けをしてみてください。

非常用のペットボトルは水道水やウォーターサーバーを飲む人も1箱は準備しておくと安心でしょう。

生活の質を重視

生活の質を上げたいという人はウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーを使うことで、

  • お湯を沸かす手間なく、いつでもコーヒーが飲める
  • 自分で買いに行かなくてもおいしいお水を飲める

という生活が手に入るでしょう。

富士おいしい水2L 1388円(エリアによる)で飲むことができます。

ウォーターサーバーを安く利用したい人にはおすすめです。
注文のノルマや解約金もありません。

自分に合った方法で飲み水の準備をしよう

一人暮らしの飲み水を準備する方法を3つ紹介しました。

一人暮らしの飲み水を準備する3つの方法
  • 水道水
  • ペットボトルの箱買い
  • ウォーターサーバー

一人暮らしは飲み水の準備は必ず必要です。

それぞれの準備方法にメリットデメリットがあるため、目的に合わせた準備方法を選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました